top > 法人情報 > 代表ご挨拶

代表ご挨拶

髙須博久

昭和40年4月1日、恩賜財団愛知県同胞援護会「愛生郷」運営の施設を継承し、豊橋市の施設福祉の中核を担うべく、豊橋ひかり乳児院はじめ9施設で事業を開始しました。
その後、地域の施設ニーズに応えつつ、順次、施設整備を進め、赤ちゃんからお年寄り、障害を持った方を対象にした多種別、総合的な社会福祉法人として、常に、時代と地域住民の福祉ニーズに根ざした福祉サービスの展開を図ってまいりました。

新たな福祉の流れを受けて。

少子高齢化の進展や経済状況の変化に伴い、社会福祉の在り方も大きく変化してきました。
社会福祉基礎構造改革により、措置から契約へ、施設福祉から地域在宅福祉へと福祉制度変革がすすめられてきました。
変革の中で、本会の経営理念の一つでもある「地域福祉」の推進が叫ばれており、地域で生活される方々それぞれが有する多様なニーズを真摯に受け止め、一人ひとりが安心して暮らしていく支えとなることの大切さを痛感しているところです。
これは、福祉サービスを必要としている人の幸福、言い換えれば人権の尊重と自己実現を促進し、それぞれの自立生活を支援することに他なりません。

今後は、経営環境の変化に対応しつつ、地域と利用者の視点に立ち、地域福祉の発展、充実という使命を果たしていく所存です。
また、利用者本位のサービス提供はもとより、高度な専門性を持つ施設として、地域社会での自立生活支援事業の充実など、新たな経営課題にチャレンジし、さらに公共性の高い法人として、社会貢献に努めていきたいと考えております。

理事長 髙須 博久

Copyright © 豊橋市福祉事業会 All Rights Reserved.