top > 法人情報 > 沿革

沿革

昭和39年12月
愛知県同胞援護会愛生郷の経営健全化のため、事業受入団体として社会福祉法人設立者会議を開催し、法人設立認可申請をする。
昭和40年2月
厚生大臣の設立認可
昭和40年4月
法人設立 社会福祉法人豊橋市福祉事業会 初代理事長に磯村弥八就任
事業開始(9施設経営)
豊橋保護寮 岩西授産場 豊橋ひかり乳児院 豊橋若草育成園 岩西保育園
豊橋母子寮 豊橋第二母子寮 岩西診療所 福祉事業会売店
昭和43年3月
豊橋保護寮廃止、岩西授産場廃止、豊橋第二母子寮廃止
昭和44年4月
知的障害児施設「豊橋ゆたか学園」開設
昭和45年3月
豊橋母子寮廃止
昭和45年4月
知的障害者更生施設「豊橋ちぎり寮」開設
昭和49年4月
心身障害児通園施設「豊橋くすのき学園」開設
昭和50年4月
知的障害者通所授産施設「岩西授産所」開設
昭和53年3月
岩西診療所廃止
昭和55年4月
肢体不自由児通園施設「豊橋あゆみ学園」開設
福祉事業会売店廃止
昭和60年10月
法人設立20周年式典
昭和61年1月
第2代理事長 青木徳生 就任
平成3年3月
第3代理事長 山内成美 就任
平成3年4月
知的障害者通所更生施設「豊橋にしぐち学園」開設
平成6年4月
軽費老人ホーム「ケアハウスかなだ」開設
平成7年10月
法人設立30周年式典
平成9年4月
第4代理事長 磯村直英 就任
平成12年4月
障害児短期療育事業「つつじ教室」開設
平成13年4月
知的障害者地域生活援助事業「あいあいホーム」開設
平成14年4月
知的障害者地域生活援助事業「ふれあいホーム」開設
平成15年4月
知的障害者地域生活援助事業「ひらかわホーム」開設
平成17年10月
法人設立40周年式典
平成18年4月
知的障害者地域生活援助事業「いきいきホーム」開設
知的障害者地域生活援助事業「メゾンひらかわ」開設
平成18年7月
知的障害者地域生活援助事業「てんぱくホーム」開設
平成18年10月
知的障害者地域生活援助事業「ふれあいホーム」を「あいあいホーム」に統合
知的障害者地域生活援助事業「メゾンひらかわ」を「ひらかわホーム」に統合
平成19年4月
知的障害者地域生活援助事業「ひらかわホーム」を「いきいきホーム」に統合
平成20年4月
知的障害者通所授産施設「岩西授産所」から多機能型事業所「ワークス岩西」へ移行
就労移行支援事業、生活介護事業の2事業で開始
「第2てんぱくホーム」開設
平成21年4月
第5代理事長 鈴木宣男 就任
知的障害者通所更生施設「豊橋にしぐち学園」を障害福祉サービス事業に転換
平成22年4月
知的障害者援護施設 豊橋ちぎり寮」から「障害者支援施設 豊橋ちぎり寮」へ移行
豊橋ゆたか学園 定員45名に変更
ワークス岩西に就労継続支援B型事業を加え、3事業体制に
平成23年4月
「相談支援センター木もれ陽」開設
平成24年4月
「知的障害児施設 豊橋ゆたか学園」から「障害児入所施設 豊橋ゆたか学園」へ移行
「児童デイサービス事業所 豊橋くすのき学園」から「児童発達支援事業 豊橋くすのき学園」へ移行
「肢体不自由児通園施設 豊橋あゆみ学園」から「医療型児童発達支援センター 豊橋あゆみ学園」へ移行
あいあいホーム定員14名に変更
平成25年4月
豊橋ちぎり寮 施設入所支援 定員を65名に変更
「医療型児童発達支援センター 豊橋あゆみ学園」から「福祉型児童発達支援センター 豊橋あゆみ学園」へ移行 定員を32名に変更
平成26年4月
豊橋若草育成園 定員80名に変更
共同生活介護事業が共同生活援助事業に一元化
平成27年4月
第6代理事長 髙須博久 就任
ワークス岩西 就労継続支援A型事業所開設
豊橋若草育成園 定員70名に変更
平成27年7月
豊橋市公会堂にて法人創立50周年記念式典開催
平成28年3月
豊橋若草育成園北館建て替え工事完了
平成28年4月
豊橋若草育成園 定員60名に変更
豊橋ゆたか学園 定員40名に変更
豊橋あゆみ学園 定員30名に変更

Copyright © 豊橋市福祉事業会 All Rights Reserved.